不動産売るなら!

誰も住まなくなった空き家を売却

我が家には、1件空き家があってその場所に主人と結婚した際に住んでいたのですが、築年数が20年程度たっていて、子供も出来たので新築の家を建てることになりました。
そこで、それまで住んでいた家が再度空き家になるので、売りに出そうということになりました。
その家自体は、南向きの20坪程度の小さな家でしたが、駅からは徒歩10分程度で、直近に小学校もあるという立地の良さでした。
不動産を売却する際には、不動産販売店に協力をお願いする事になりますが、ここで悩んだのがどの業者さんに任せるかという事でした。
近くには様々な不動産販売会社がありますが、結局安心なのは大手ではないかという事で、全国的にも名前が通っているとても大きな不動産会社に販売をお願いしました。
売れるかどうか不安でしたが、約1か月ほどで買い手の人がついて、価格も希望通りの値段で買い取ってもらう事が出来ました。
町中では長く売りに出されていても売れていない中古物件をよく見かけますが、やはり大手のブランド力というか、広告の力というのかすぐに買い手がついてよかったと思っています。
仲介手数料が若干高いですが、大手の信用力を信用して仲介をお願いして上手く空き家を売ることが出来ました。